会社概要

「人と人との出会いからすべては生まれる」~エニシング 西村和弘

人と人が出会う=ご縁(えにし)が続いていく(ing)ことで役に立つ仕事をしたい、との想いから、
社名を「エニシング(縁+ing)」としました。


(前掛けとの出会い)

平成12年に創業。
当初は、漢字Tシャツの企画販売としてスタートしました。

その後、日本に現在唯一残っている前掛けの産地・愛知県豊橋市の60代、70代の前掛け職人さんたちとの出会いが、エニシングのその後を変えました。
maekaketop2.jpg

「このような産地、そして職人さんたちが残っている。これからの日本、世の中、に大事なものが詰まっている」
「次の時代にも残していかなきゃいけない。」

maekaketop3.jpg

日本のものづくり産地、共通の問題として「中国、海外への流出」「後継者不足・高齢化」などが挙げられますが
前掛けも同じ状況。

「このままでは我々が辞めると日本の前掛けも無くなってしまうんだが...」

そのお言葉を、時代の流れとして終わらせてしまうことも出来たかもしれませんが、
「これは'やりがい'のある仕事ではないか。エニシングがやるべきではないか。」
はじめて仕事に'使命感'というものを持ちました。

そのように、日本で唯一の『前掛け専門店』
(ということは、当然世界で唯一なのですが...^^;)をはじめたエニシングですが、2004年~2005年は月に10枚程度、と、当時はほとんど売れませんでした。

やっと、2006年ごろから「前掛けを締めて仕事をしたい」「父や祖父に贈り物として渡したい」という声も増え始め、
古くて新しい仕事着「前掛け」に次第に共感していただける方々が増えていきました。

2007年4月のニューヨークでの飛び込み営業活動!をきっかけに
2009年からは毎年アメリカ・ニューヨークで、1ヶ月間の前掛け展示会、前掛けギャラリーも開催。

前掛けの原型は室町時代に生まれ、現在の形になったのが江戸時代、と言われていますが、
日本にはそのように歴史の中で人々の知恵が詰まったものが残っています。

古くからの日本の知恵を、今こそ自信を持って世界へ発信し、未来を創っていく時と感じています。

maekakehanpu1.jpgエニシング×愛知・豊橋 本物の1号前掛けの特徴
厚手で丈夫なのに、やらわかく肌触りのやさしい。
前掛け本来の『1号』をオリジナルで製造しています。
前掛けならではの様々な特徴をご説明します。
写真をクリックしてみてください!




有限会社 エニシング
【業務内容】前掛けの企画製造販売
【所在地】  〒184-0012 東京都小金井市中町1-7-29
       TEL042-401-6982 FAX042-401-6986
(お店の地図はこちら
※大変申し訳ございませんが、駐車場のご用意はございません。
北のほうの連雀通りにあるコインパーキングをご利用下さい。


【営業時間】
月〜金    10時~18時(最終受付17時)
来店オーダーは完全予約制です。電話(TEL:042-401-6982)にてご予約下さい。
【定休日】
土曜・日曜、祝日休み、その他イベント等による臨時休業あり

【創業年】  2000年11月
【従業員数】 10名(社員5名、パート4名)


■会社略歴

2000年11月 西村が前職(江崎グリコ)を脱サラし、北千住で創業、原宿などでの路上販売開始
       第一段商品 漢字Tシャツ「無駄飯Fuck'nJunkFood」発売
       第二弾商品 坂本龍馬「我がなすことは我のみぞ知る」発売
2001年5月  宝島社 雑誌「Smart」などでの漢字Tシャツ通販開始
2002年春  日韓ワールドカップ開催時に漢字Tシャツが人気に
2003年7月  かっぺの岡野大和氏と出会い、フランス・パリへ漢字Tシャツの販売に
2004年春  帆前掛け商品第一弾「職人魂」発売
2004年12月 事務所を国際ファッションセンターへ移転
2005年秋  帆前掛け専門店エニシング オープン
2006年1月  のちに'前掛け仕掛け人'となる、社員第一号、潮田博昭、入社
2006年7月  事務所を東京・小金井へ移転。自然豊かな環境の一軒家を改装し、オフィスとする
2007年4月  「前掛けを世界へ売る!」と宣言し、アメリカ・ニューヨークへ単身渡米し、飛び込み営業
2009年9月  豊橋帆前掛け振興会に協力いただき、ニューヨークでの1か月の前掛け展示会 開催
2010年6月  事務所を改装し、小金井で「前掛け専門店」オープン
2010年9月  アメリカニューヨーク展示会、第2弾を開催「TOYOTAと前掛けの関係」など発表
2011年7月  東京ビッグサイトでのInternationalFashionFairにて「1号前掛け」を発表
2011年8月 第9回多摩多摩グリーン賞 経営部門 優秀賞
2011年10月 アメリカニューヨーク展示会、第3弾を開催、高知県立坂本龍馬記念館ニューヨーク公演
2011年11月 NHKにて「伝統の前掛けをふたたび」、豊橋帆前掛振興会さまとの前掛け復活ストーリーを放送
2012年3月  スペイン・バルセロナにて、アーティストWataruと「丹田締め」「藍染め」など発表
2012年6月  銀座三越&福岡三越にて「日本の誇り~帆前掛け展」開催
2012年11月 ニューヨーク日本国総領事館ギャラリーにて「日本伝統の前掛け展」
2014年4月  シャトル織機でモノづくりを続ける3社が集まり「西村商店」イベント開催(アトレ吉祥寺)
2014年10月 「勇気ある経営大賞特別賞」受賞(東京商工会議所)
2015年3月  「がんばる中小企業300」受賞(経済産業省)
2015年9月  イギリス・ロンドンの「TopDrawer」に初出展


■主要取引先

(日本国内)
東急ハンズ様(売れない頃からの恩人!)
高知県文化財団高知県立坂本龍馬記念館様
NPO萩まちじゅう博物館様  五稜郭タワー様
霊山歴史館(財団法人霊山顕彰会)様
小金井市役所様  スタジオジブリ様
円谷プロダクション様   サンリオ様
サントリー様   三越伊勢丹様     
アミューズエデュテイメント様  内藤商事様 など

(海外)
アメリカ週刊NY生活様  NY共同貿易様
KINOKUNIYA BOOKSTORE NY本店様 など



(商品開発例の一部ご紹介)

岩田屋さま:創業260年「原点前掛け」プロジェクト(2014.04)
Boat House様:VAN & BOAT HOUSE スペシャルコラボ 前掛けショルダー(2013.12)
東急ハンズ様:創業35周記念「原点前掛け(シリアルナンバー入り)」プロジェクト(2013.09)
新日本プロレス様:プレミアムストア「ライオンマーク1号前掛け」プロジェクト(2013.02)
カンロさま:創業100周年 大正時代の前掛け復興プロジェクト(2012.10)
一橋大学如水会さま:マーキュリーTシャツプロジェクト(2012.08) 辻朋子先生
円谷プロダクションさま:ウルトラマン×日本の前掛けプロジェクト(2011.04)
小金井市役所さま:クールビズ ポロシャツプロジェクト(2012.07)
マルコメ様:マルコメ様 海外用前掛けプロジェクト(2012.04)
日本応援:日本応援Tシャツプロジェクト第2弾「利他主義」(2012.03)
百貨店トキハさま■大分トキハ様、新旧のロゴ「原点前掛けプロジェクト」(2012.03)
大日広告社さま■竹本油脂様オリジナル「一斗缶デザイン前掛け」(2012.02)
伊勢丹立川店さま:63年ぶりに復活「立川伊勢丹 原点前掛けプロジェクト」(2011.09)
元気鴨川2011実行委員会さま:元気鴨川Tシャツ&前掛けプロジェクト(2011.06)
サンリオさま:ハローキティ×日本の前掛けプロジェクト(2011.04)
天津の祭りを未来へ伝える有志の会:天津Tシャツ&城戸濱Tシャツ(2011.03)
宇田川一美様:前掛け帆布「ハギレポーチ」プロジェクト(2011.03)
日本応援:日本応援Tシャツプロジェクト2011(2011.03)
主婦の友社さま:雑誌RYOMA 龍馬Tシャツプロジェクト(2010.11)
スタジオジブリ&小金井市役所:こきんちゃんグッズプロジェクト(2010.09)
ニューヨーク:ニューヨーク展示会用「寿司&酒」前掛けグッズプロジェクト(2010.09)
双葉社さま:居眠り磐音 江戸双紙 読者プレゼント用江戸前掛けかばん(2010.07)
元町ファクトリーさま:スヌーピー前掛け、前掛けかばん プロジェクト(2010.06)
東急ハンズさま:龍馬×日本のものづくりプロジェクト2010(2010.01)
岡山・早島町さま:岡山県早島町イ草の町『いかしの舎』前掛けグッズプロジェクト(2009・10)
東京・下丸子商栄会さま:オリジナルイラスト入り前掛けなどグッズプロジェクト(2006~2009)
TBS&所ジョージさま:番組オリジナル「所萬遊記前掛けプロジェクト」(2005.09)

国内のイベント・展示会

2010.01 「過去から未来へつなぐ~日本の帆前掛け」展示発表 ギフトショー
2011.07 「約30年ぶりの復刻~前掛け1号帆布」展示発表 インターナショナルファッションフェア-
2012.06 「日本の誇り・前掛け展」 銀座三越百貨店
2013.06 「日本の誇り・前掛け展」 銀座三越百貨店
2014.04 「西村商店~伝統のシャトル織機を使った織物」 吉祥寺アトレ
       シャトル織機を使っている倉敷帆布様・小島染織様とのコラボショップ
2014.10 「ニッポンの前掛け展」 山梨 津金学校
       日本一の前掛けコレクター・オオタマサオ氏とのコラボイベント
2015.03 「ニッポンの前掛け展」 東京浅草 アミューズミュージアム
       日本一の前掛けコレクター・オオタマサオ氏とのコラボイベント
2013.06 「日本の誇り・前掛け展」 銀座三越百貨店
2015.09 「ニッポンの前掛け展」 東京青山 伊藤忠アートスクエア
       日本一の前掛けコレクター・オオタマサオ氏とのコラボイベント
伊藤忠商事様との共催、後援 経済産業省関東経済産業局、豊橋市役所、豊橋商工会議所

海外でのイベント・展示会

アメリカ・ニューヨーク■展示会「Hotel&Restaurant Show」出展 at Javits Convention Center(2015.11)
イギリス・ロンドン■展示会「Top Drawer」at OLYMPIA 出展(2015.9)
アメリカ・ニューヨーク■前掛け展示会「Japanese Tradition'MAEKAKE'」NY総領事館(2012.11)
スペイン・バルセロナ■AI YUME WA WATARU展 丹田締め(タンデンジメ)発表(2012.06)
アメリカ・ニューヨーク■前掛け展示会「Traditional Art Apron MAEKAKE」(2011.10)
アメリカ・ニューヨーク■前掛け展示会「Relation between TOYOTA&MAEKAKE」(2010.09)
アメリカ・ニューヨーク■前掛け展示会「What is MAEKAKE ?~日本伝統の仕事着、前掛けとは?」(2009.09)

執筆、講演、研究

■受賞:「がんばる中小企業300」受賞■経済産業省(2015.3)
■受賞:勇気ある経営大賞■特別賞(2014.10 東京商工会議所)
■受賞:信金優良企業表彰■審査員特別賞(2013年度)
■受賞:多摩信用金庫■多摩ブルーグリーン賞 優秀賞受賞(2011.12)
■研究:豊田自動織機■「N式織機」と「豊橋×Anything製前掛け」の関係調査(2012.05)


■代表者プロフィール

西村 和弘(にしむらかずひろ)
有限会社エニシング 取締役社長 ~日本の'前掛けスピリット'を世界に売る男^^~

1973年 広島県広島市出身
戦前、戦後に曾祖父が広島でパン屋を営んでいた影響もあり、子供のころから商いについて躾けを受ける。
高校時代はバドミントン部に所属し広島県ベスト4に。中央大学商学部在学中に、1年のアメリカ留学を経験。
卒業後、5年間を江崎グリコ株式会社で学び、独立開業。
漢字Tシャツを経て、日本の仕事着'前掛け に出会い、日本のみならず海外へも飛び出す。
アーティストWatatu氏との'MAMORUWA(まもるわ)'をスペイン、アメリカなどで展開中。http://www.mamoruwa.com/

■プロデュース&商品企画実績■
・東急ハンズ「日本のものづくり×龍馬~ 龍馬プロジェクト」
・ニューヨーク「日本の仕事着~帆前掛け」展示会&イベントプロデュース
・スタジオジブリ&小金井市役所「こきんちゃん」商品企画
・多摩の逸品コンテスト 受賞  など

■著書、執筆■
・起業の武器(出版社:ぱる出版)など今までに6冊
・NYの新聞「週間NY生活」でのCoolJapanに関する記事執筆
・各雑誌のコラムなども担当

■講師、トークショー■
・フロンティアすみだ塾 「新規事業について」
・名古屋市伝統産業活力向上委員会での講師、山形農業大学校での講師など
・青山学院大学「感性ビジネス論」など各大学での講師
・日本通信販売協会イベント「TSUHAN2007」講演など




潮田 博昭(うしおだ ひろあき)
前掛けプロデューサー

1977年 茨城県鹿島出身
デザイン、製造、など前掛けのすべてを管理。
元鹿島学園のサッカー選手でJリーグ入りを目指したほど。
サッカー、の時だけ'本気'を見せる、茨城出身の38歳。
イラストは得意だが、漢字は苦手^^;
「在庫」という漢字を「佐個」と書いたことも...。

■プロデュース商品企画実績■
・東急ハンズ 横浜店での Ussy似顔絵イベント
・東武百貨店池袋店での 父の日前掛けイベント
・岡山・早島町 い草の町での前掛けグッズ企画プロデュース
・大田区下丸子商栄会での商店街前掛けを榎本先生と共にプロデュース
・前掛け男前グランプリ 企画プロデュース

■デザイン&イラストレーション■
・ニューヨーク 前掛けの漢字紋デザイン
・縁起もん前掛けデザイン
・企業さま向けキャラクターデザインなど多数