前掛けの歴史

前掛け
(写真提供:井崎様 大正時代の写真)
 
米屋さん、酒屋さん、など商店の人達が仕事の時に腰に巻く、日本伝統の仕事着「帆前掛け」。
太い綿の糸で織られる丈夫な帆前掛けは、厚手の綿織物に分類されます。

日本の前掛けの起源は15世紀にさかのぼると言われています(*諸説あり)。
体の前に掛ける(垂らす)ことから、「まえかけ MAEKAKE」「まえたれ MAETARE」と呼ばれ、働く人たちの腰を守り、衣類の破れやけがを防止することから実用として重宝されてきました。

江戸時代に今の「形」になり、明治時代から「屋号」が染め抜かれ、ユニフォームや広告宣伝としても使われるようになりました。
日本一の前掛けの産地、愛知県豊橋では、戦後、1950〜70年代かけてに爆発的に広まり、豊橋帆前掛振興会会長でもある、杉江秀介氏のお話では「多い時には1日に1万枚が出荷された時期もあった」とのこと。
日本の経済成長とともに、前掛けの製造も急激にアップし、全国の酒蔵さんを皮切りに、お米屋さん、味噌屋さん、醤油屋さん、肥料屋さん、食品メーカーなどあらゆる業種で次々と会社やお店の屋号、社名が入った前掛けが作られ、全国に広がりました。

綿の糸で厚く織られた長方形の生地に、紅白の紐が付いている、というシンプルな形ですが、この中に先人たちの様々な知恵が隠されています。

 

前掛けの特徴

~前掛けは古くからいろんな使われ方をしてきました~

前掛け前掛けの役割の第一位は「腰を守るため」。
骨盤は体のバランスを整える、とっても大切なところ。
弊社エニシングが2004年~2006年に行った、'昔から前掛けをして仕事をしている方々'へのインタビュー、東京・錦糸町のお米屋さん亀太商店のお父様をはじめ、多くの方が「前掛けしていると、いくつになっても腰を悪くしない。」と長年の実体験を語っておられました。
骨盤、丹田(へその下3寸)をグッと締めるから仕事の時に気合も入るんですね。

前掛け昔は日本酒のケースやビール瓶ケースなども木箱で出来ていましたから、
それらを運ぶ時、
服が破けないように前掛けを肩にあて、荷物を運んでいました。

最近はダンボールやプラスチックのケースになって、こういう姿も見なくなりました...

前掛け決して防火仕様ではありませんが、生地がぶ厚いこともあり、
前掛けが、怪我や熱から守ってくれます。
陶芸家さんが使われていたり、ガラス工場さんは前掛けを二重にして使われていたり...

そのほか、また、もうひとつは、寒い冬に'ひざ掛け'としても最適なのです♪

前掛けそして、最後に、前掛けの大きな役割である、「広告宣伝」。
歴史的には、日本酒・焼酎の蔵元さんがもっとも多く使われていました。
現在も各お店のオリジナル前掛けが人気です!

 

前掛けの締め方

〜腰を守る前掛けの締め方 How to tie "MAEKAKE"〜

SETP1.
前掛け

骨盤の上のちょうど「ベルト」あたりに出っ張っている「腸骨」という骨をグッと締めて下さい。一番出っ張っている腰骨の上の位置です。産後の女性は、腸骨よりも3~4cm下(指2 本くらい下)の骨盤を締めても良いです。骨盤を締めると股関節が安定します。

SETP2.
前掛け

次に息をしっかり吸って軽~く少しだけ吐いた時に、後ろで紐を交差させてぎゅっと絞め、紐を前に持って行って下さい。

SETP3.
前掛け

後ろから持ってきた紐を、前でしっかりと締めます。

 

 

前掛けの洗濯方法

出来るだけ長くご愛用いただくために、洗濯方法についても一読下さい。

◎洗濯について
もちろん洗濯機で洗うことは可能です。以下の点にご注意下さい。
1. 洗濯時「柔軟剤」の使用は避けてください。
2. 染料の性質上、色落ちしますので、白い物とは分けて洗ってください。
3. 生地の性質上、多少縮むことがございます。

◎アイロンについて
脱水をかけすぎると、生地がかなり厚手のため、「シワ」になりやすいですので、
脱水の時間は「1分程度」と短くしていただき、水分を含んだ状態で干してください。
 
その際に以下の点にご注意下さい。
1. 洗濯後の乾燥は、タンブラー式乾燥機のご使用は避けてください。普通に干していただければ大丈夫です。
2. 柄の入っている部分に直接アイロンをあてることは避けてください。

 

前掛けの修理

~古くなった前掛けを修理します~

前掛けは、何年も何年もを使い込んでいくと、どうしても、ひもの部分がちぎれてくることがあります。

Anything前掛けだけでなく、おじいさんの代から使っていた前掛け、フリーマッケットで発見したビンテージ物の前掛け、などで、紐の部分が破れてしまっているものがございましたら、修理いたしますのでご相談下さい。

新品の紅白のひもに取替えさせていただきます!
流れとしましては、弊社へ来店されるか、お電話でご連絡下さい。
その後、弊社へ郵送していただき、1週間ほどで返送させていただきます。

修理代+送料を合わせまして、1本 1,600円(税抜き)です。
(修理代1,000円(税抜)+送料600円(税抜)

 

◎お問合せ
TEL 042-401-6982(月~金 9~18時)

◎送り先
〒184-0004
東京都小金井市本町6-13-17 タカギビル401
有限会社エニシング宛

◎修理価格表
・前掛けのひものお取替え  1,000円(税抜)
・ポケットの追加      1,000円(税抜)
・カシメ(金具)の付け替え 1,000円(税抜)

(別途、送料600円(税抜)

そのほか、何なりとご相談下さい。